神職さんに聞きました〜読んで“なるほど”、神道知恵袋。〜

なぜ神社には鏡があるのですか?


神道・神社について

なぜ神社には鏡があるのですか?

古くから鏡は剣や勾玉まがたまとともに祭具として、重要な意味を持って扱われています。
神社にお祀りされる神様に、具体的な姿、形は無く、岩や木などに神様がりつくと考えられてきました。鏡も神様が宿られる“依代よりしろ”の一つとして、神様の存在と威儀を示しています。
また、鏡を通して神様と自分が向かい合い、誠実で清らかな心でお参りをする、そんな役割も鏡は担っているのです。

<ruby><rb>戸髙</rb><rp>(</rp><rt>とだか</rt><rp>)</rp></ruby> <ruby><rb>宗德</rb><rp>(</rp><rt>かずなり</rt><rp>)</rp></ruby>

権禰宜 戸髙とだか 宗德かずなり がお答えしました。
鏡のようにくもりのない誠実な心もちでご参拝するというお気持ちを抱くことが、清々しいお気持ちになれる第一歩だと思います。

質問一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る