神職さんに聞きました〜読んで“なるほど”、神道知恵袋。〜

神社でよく見かける「初穂料はつほりょう」って何ですか?


その他、神道にまつわるいろいろ

神社でよく見かける「<ruby><rb>初穂料</rb><rp>(</rp><rt>はつほりょう</rt><rp>)</rp></ruby>」って何ですか?

「初穂料」とは、神様にお供えするお金のことです。
古来、日本は稲作中心の文化であり、神様へ感謝のお気持ちを込めて、その年初めて収穫された稲穂(初穂)をお供えしていました。貨幣が生活の軸となってからも、もともとの意味を尊重して「初穂料」という言葉が使われています。

<ruby><rb>馬場</rb><rp>(</rp><rt>ばば</rt><rp>)</rp></ruby> <ruby><rb>宣行</rb><rp>(</rp><rt>のぶゆき</rt><rp>)</rp></ruby>

権禰宜 馬場ばば 宣行のぶゆき がお答えしました。
日本人の生活の源となる稲(お米)が、神社のお祭りではとても大事にされています。

質問一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る