お祭り・催し

斎田抜穂祭

10月中旬

5月1日の播種祭はしゅさい、6月中旬の御田植祭より、斎田さいでんで大切に育てられてきた稲穂を刈り取り、神々に収穫を感謝する神事です。
古式の作法に則り、宮司自ら石包丁で黄金色に輝く稲穂を刈り取り、次いで菅笠すげがさにもんぺ姿の巫女や氏子たちが続きます。
収穫されたお米は、11月23日に御本殿で斎行される「新嘗祭にいなめさい」にて最初にお供えされます。
また、毎日の天神さまへの朝夕のお供えをはじめ、当宮で行われるすべての祭典・神事にて用いられます。

お問い合わせ 太宰府天満宮
TEL :
092-922-8225(9時~17時)

10月のお祭り・催しへもどる


おすすめのページ

七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会
古都 大宰府の歴史
豊かな自然と多くの文化遺産に恵まれた大宰府の歴史、当宮周辺の史跡をご紹介します。
古都 大宰府の歴史
七夕の宴
御門内には二万本以上もの短冊が下げられ、太鼓橋から御本殿までの参道を七夕飾りで彩ります。
七夕の宴

ページの先頭へ戻る