応天の門展

太宰府天満宮

主役は、天神さま。

平成30年12月8日(土)ー平成31年4月14日(日)

菅原道真
学びに

若き道真公を描く人気歴史コミック『応天の門』、太宰府天満宮に登場

学問・文化芸術・至誠の神として親しまれる菅原道真公(天神さま)の御墓所の上に創建された太宰府天満宮は、1,100年以上の悠久の時の中で、天神信仰の聖地として、また全国12,000社の天満宮の総本宮として大切に守り伝えられ、内外から篤い崇敬を集めています。

この度、太宰府天満宮宝物殿企画展示室では、菅原道真公を主人公として描くコミック『応天の門』展を開催します。
本作は、若き天才と謳われた菅原道真公と京随一の歌人在原業平という二人が平安の世に起こる怪事件を次々と解決する歴史クライム・サスペンスで、平成25年(2013)から、新潮社『月刊コミックバンチ』にて幅広い年齢層に支持を受け好評連載中です。
今回の展覧会では、気鋭の灰原薬氏による原画や関連画、さらに灰原氏が太宰府に取材し、本展のために描き下ろした新作により、雅やかで幽玄な作品世界へと私たちを誘います。

また、同会期にて宝物殿第1、第2展示室では、太宰府天満宮に代々伝わる道真公ゆかりの品をはじめとする貴重な歴史的資料を一堂にご紹介します。

Author

灰原 薬Yak Haibara

東京都生まれ。マンガ家。
『回游の森』(太田出版)ほか、
『SP 警視庁警備部警護課第四係』(小学館)などコミカライズ作品も多く手がける。

Exhibition

会期:
平成30年(2018)12月8日(土)から
平成31年(2019)4月14日(日)まで
※12/24、1/7、1/14、2/11、2/25、3/25除く、月曜休館

会場:
太宰府天満宮宝物殿 企画展示室

拝観料:
一般400(300)円
高大生200(100)円
小中生100(50)円
※( )内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金

Access

太宰府天満宮宝物殿 企画展示室

福岡県太宰府市 4-7-1
tel.092-922-8225(9:00〜17:00)
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

Credit

主催:太宰府天満宮 
特別協力:新潮社、西日本鉄道
後援:九州国立博物館、太宰府市、
太宰府市教育委員会、
太宰府観光協会、
天満宮参道会
会場構成:五十嵐瑠衣 
アートディレクション:前田景

Official Hashtags

#応天の門展
#応天の門
#outennomonten
#outennomon
#灰原薬

在原業平
失礼 つい梅のよい香りにお邪魔を
ご子息の博識と類まれなる詩才に私が教えを乞うているだけですよ