学校法人 太宰府天満宮学園 太宰府天満宮幼稚園


太宰府天満宮幼稚園は、神社の幼稚園としては福岡県では一番古く、天神さまの幼稚園として昭和23年(1948)に創立されました。
「礼儀正しく、健康で、明るく、逞しい子供を育てる」を教育目標に、正しい神道情操教育により幼児を教育し、適正な環境を与えてその心身の発達を助長する事を目的に、「感謝の気持ちを養う」・「健康な体に育てる」・「情操の豊かな子供に育てる」・「社会性のある子供に育てる」の4つを教育方針として掲げています。

大きな樟の杜、たくさんの梅の木、自然がいっぱいの山々・・・。
広い境内すべてが子供たちの遊び場として、いつも天神さまに見守られながら、のびのびと育っています。
天神さまのこと、梅干し作りのこと、どんぐりが沢山見つかる場所など。
現代社会においては、普段なかなか経験する事ができないさまざまな事を体感し、子供たちはここから巣立っていきます。


おすすめのページ

今に伝わる天神信仰
時代と共に変遷してきた天神信仰。そして現在も、天神さまは世界中の人々から親しまれています。
今に伝わる天神信仰
神幸式大祭
天神さまの御神霊をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。
神幸式大祭
特別受験合格祈願大祭
当時学者として最高の位であった文章博士に登用されたことにちなみ、「特別受験合格祈願大祭」が斎行されます。
特別受験合格祈願大祭

ページの先頭へ戻る