アートプログラム

vol.6 ライアン・ガンダー「You have my word」

平成23年2月11日~4月10日

人間の思考や精神を作品化してきたガンダーの視点を通して切り取られた「Dazaifu」作品群によって、改めて日本文化、日本人の本質を考える展覧会となりました。
ガンダーが数回に渡り太宰府天満宮を取材して制作した作品8点は、インスタレーション、彫刻、太宰府天満宮幼稚園年長組園児75名とのワークショップを通して制作したタイムカプセル、「太宰府天満宮の新記念日をつくる」プロジェクトなど、バラエティに富んでおり、その中の作品3点は現在も境内で見ることができます。


ライアン・ガンダー


©Ryan Gander Courtesy of TARO NASU Photo by Bedwyr Williams

1976年イギリス生まれ。
ハウスコンストラクティブ美術館(スイス、2010)での個展をはじめ、グッゲンハイム美術館・セントラルパーク(アメリカ・ニューヨーク)での展示プロジェクトなど、欧米での活躍に注目が集まる。
ヴェネツィア・ビエンナーレ(2011)、横浜トリエンナーレ(2011)にも出展し、世界中で活躍している。

特設ページ「You have my word」


作品

展示作品の写真を見る



おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
宝物殿
宝物殿では、道真公にまつわる宝物をはじめ、約5万点の文化財を収蔵・展示しています。
宝物殿
アートプログラム
アートと天神さま、アートと太宰府天満宮、アートと太宰府。「太宰府天満宮アートプログラム」をご紹介します。
アートプログラム

ページの先頭へ戻る