アートプログラム

vol.2 長谷川純「Years Ago-幾年前―」

平成18年11月3日~12月17日

太宰府での長期にわたるレジデンス期間中、長谷川が目にしたものは、樹齢1,500年を越す樟の杜、満開の約6,000本の梅、緋袴姿の巫女、ご神馬、平安期の宮廷行事を再現した「曲水の宴」でした。
加えて、日本神話の地・高千穂への旅、古代祭祀遺跡が残る修験道の聖地・宝満山登拝という体験を通じ、「過去」・「現在」・「未来」が繋がり共存する世界を描き出しました。


長谷川純


©Jun Hasegawa Courtesy of TARO NASU

1969年三重県生まれ。ゴールドスミス・カレッジ(ロンドン)卒業。
ロンドンに活動の拠点を置いている。
「VOCA展2004現代の美術の展望―新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、2004)、「Japan Pop」展(Museum of Far Euastorm Antipuitles、ストックホルム、2005)、「ポートレート・セッション」(広島市現代美術館、2007)など、国内外で多くの展覧会に参加している。


作品

展示作品の写真を見る



おすすめのページ

斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭
今に伝わる天神信仰
時代と共に変遷してきた天神信仰。そして現在も、天神さまは世界中の人々から親しまれています。
今に伝わる天神信仰
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史

ページの先頭へ戻る