宝物殿 第2展示室

展示室の情報をお知らせいたします。

「鹿児島睦の造形展」関連展示

●開催期間
平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

企画展示室「鹿児島睦の造形展」関連展示として、当宮に伝わる「曲水の宴」に関する資料を展示します。
あわせて、道真公の御生涯を掛軸に仕立てた「天満宮縁起画伝」12幅とともに、道真公がこよなく愛された梅の模様が施された重要文化財の梅月蒔絵文台をはじめ、日本画、陶板、ガラス作品など様々な梅の作品や資料をご紹介します。

また、鹿児島睦の大伯父にあたる重要無形文化財「紙塑人形」保持者(人間国宝)の鹿児島寿蔵の作品を特別出展します。
当宮に伝わる「南庭出現の菅公」、「筆天神」のほか、福岡県立美術館ご所蔵の貴重な4点をご紹介します。


※(写真)梅月蒔絵文台 室町時代・重要文化財


年間スケジュール

フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影

●開催期間:平成25年12月1日(日)~平成25年3月10日(日)

詳細をみる 【PDF】

「フィンランド・テキスタイルアート~季節が織りなす光と影」公式サイト

太宰府とその周辺の出土品展
天神さまと連歌

企画展「天神さまと連歌」について

竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–

詳細をみる 【PDF】

「竈門神社肇祀1350年記念 山の神々–九州の霊峰と神祇信仰–」について

天神縁起の世界

●開催期間:平成25年12月8日(日)~平成26年4月20日(日)

神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展

●開催期間:平成26年4月26日(土)~平成26年9月7日(日)

「神さまはどこ?酒井咲帆・前田景 写真展」特設サイト

西島伊三雄 画 絵本『てんじんさま』原画展

詳細をみる 【PDF】

天神さま縁起・御画像展

●開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年4月19日(日)

ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

●開催期間:平成27年4月26日(日)~平成28年8月30日(火)

受け継がれる宝物と夢ー太宰府博覧会から140年

●開催期間(予定):平成27年9月8日(火)~平成28年5月8日(日)

天満宮の風景‐いま・むかし

●開催期間:平成28年5月14日(土)~平成29年1月22日(日)

宝物殿第二展示室

「鹿児島睦の造形展」関連展示

●開催期間:平成29年1月28日(土)~平成29年3月12日(日)

#鹿児島睦展


その他の展示室

第1展示室

太宰府天満宮が御祭神・菅原道真公(天神さま)の聖廟として創建され1100年、その悠久なる歴史の中で
天満宮は、平安時代からの庶民による信仰はもとより、大宰府官人や武将による庇護を受け、文化人・学者の聖地として崇められてきました。
また、幕末の志士が集い維新の策源地となるなど、それぞれの時代で人々の精神的な拠り所かつ政治的な要所としての役割を担ってきました。
ここでは、中世、九州を平定した豊臣秀吉や御本殿を再建した小早川隆景の書状、大谷形部吉継奉納の鏡、三条実美の鎧など、天神信仰の証として天満宮に奉納された品々をはじめ、大切に伝えられてきた貴重な資料を紹介します。


※(写真)鶴亀文懸鏡 大谷形部吉継 奉納

企画展示室

太宰府天満宮宝物殿は、三菱地所アルティアム(天神・イムズ8F)と同時開催で平成29年1月28日(土)から3月12日(日)まで、「#鹿児島睦展」を開催します。
鹿児島睦は、植物や動物をモチーフに独自の世界観で図案を施した器やオブジェで知られ、福岡を拠点に国内はもとより、L.A.、台湾、ロンドンでも個展を開くなど海外でも活躍するアーティストです。その作品世界の魅力は、オリジナリティのある絵柄を圧倒的な構成力で描く図案と、独自の技法から生まれる造形にあります。「#鹿児島睦展」と題し、図案と造形のそれぞれにフォーカスする展覧会を福岡県内2箇所で開催いたします。

太宰府天満宮宝物殿では、「鹿児島睦の造形展」と題し、鹿児島睦の陶製の造形作品を展示のメインに据えながら、開放的な展示空間に鹿児島ならではのインタープリテ―ションによる「曲水の宴」を出現させます。この「曲水の宴」は、毎年3月第1日曜日(平成29年3月5日)に宝物殿横の文書館梅園の曲水に沿って参宴者が座り、上流から流れる杯が自分の前を通り過ぎる前に和歌を詠み、お酒を頂くという平安時代の宮中の遊びを今に伝える雅な神事です。鹿児島睦の造形表現により、繰り広げられる宝物殿の「曲水の宴」と境内6千本の馥郁たる梅の香により、太宰府の春を存分にお楽しみいただける展覧会です。


会期/開館時間:平成29年(2017)1月28日(土)〜3月12日(日)/9:00~16:30(入館は16:00まで)
※1/30除く、月曜休館
観覧料:一般400(300)円 高大生200(100)円 小中生100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金、三菱地所アルティアム「鹿児島睦の図案展」チケット提示で2名様まで団体割引料金
会場:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室

主催:太宰府天満宮
特別協力:三菱地所アルティアム
協力:福岡県立美術館
アートディレクション:前田景
会場構成:小林恭+マナ (設計事務所ima)
企画協力:株式会社ビオトープ
造作協力:NPO法人太宰府アートのたね、株式会社日栄紙工社

写真 ©Makogo Kagoshima


おすすめのページ

神前結婚式
お二人の末永い幸せをお祈りし、ご神前で厳粛な結婚式を斎行いたします。
神前結婚式
太宰府天満宮の自然
天神の杜は四季折々にさまざまな花々や植物に彩られ、五感のすべてで生命の息吹を感じることができます。
太宰府天満宮の自然
アート
四季折々の自然、境内でのお祭りや催し、訪れる人々の表情など。当宮や太宰府の「今」を表現したアルバムギャラリーです。
アート

ページの先頭へ戻る